『ボク・キミ・ナカマ』 | 不思議なピチカート曲

 

使用楽器:バイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバス、カスタネット、ウィンドチャイム

森の不思議な生き物をイメージした曲です。ちょっと変でちょっと楽しくて踊りたくなるリズム。バイオリンをはじめ弦楽器を5つ用いて、最初から最後までピチカート(弦を弾く奏法)で鳴らしています。森の奥で何かがこだまするような雰囲気を作りたくて、リバーブ(残響)は深めにかけました。でも、よく考えたら森ってこだまするのだろうか?ジブリ映画の『もののけ姫』ってありますよね。劇中に「こだま」という森の精が登場するのですが、そのシーンで使われている曲がもの凄い残響の音だったんですね。多分、それが脳に焼き付いているのかな。ちなみに、その曲というのは久石譲さんによる『コダマ達』という作品です。そして、久石譲さんの曲は本当に素晴らしい。

この曲、ほとんど同じリズムを繰り返しているんですよね。小さな音型を繰り返す音楽に、「ミニマル・ミュージック」というものがあります。それこそ、久石譲さんがそういう作品をいくつか書かれています。しかし、この曲をミニマル・ミュージックというと通の人や久石さんのファンから怒られるだろうなぁ。いいのいいの。雰囲気♪雰囲気♪(震え声)

  • 「MP3」・・・動画での使用など通常はこちらをダウンロードしてください。
  • 「ループ」・・・RPGツクール用にループタグを付した「ogg」,「m4a」ファイルです。

BGM検索

ゲーム向けBGM

その他BGM

楽器

雰囲気

PAGE TOP