YouTubeというハードゲーム

YouTubeは楽じゃない

YouTubeで音楽配信を初めて4ヵ月ほど経ちました。やってみて分かりました。ヒカキンさんら、人気YouTuberさん達がどれほど凄いかと。

世間では「YouTuberなんて仕事と言えるの?」という人もいますが、いやいや、何をおっしゃいますか。やってみたらその大変さが分かりますよ!自分など歴4ヵ月のルーキーですが、YouTubeの洗礼を味わっています。

私がYouTubeを始めた理由は、当サイトの存在を知ってもらうためです。クオリティーの高いフリーBGMサイトは世に溢れています。その中で、当サイトを少しでも多くの人に知ってもらおうと始めました。

「打っても響かない」の刑

そして、待ち受けていたのは「打っても響かない」の刑でした。つまり、認知度の低い自分は当然、YouTubeでも同じように認知度が低いのです。なので、自分の動画をYouTube先生がなかなか表示してくれません。

ひとつのミュージックビデオに10時間以上費やしても、視聴回数が伸びない伸びない。投稿してからの数日は少し聴かれ、その後は0なんてこともざらです。

音楽活動は長年やってきたので、批判される辛さは知っています。しかし、打っても響かない、労力が報われないというのは、それに引けを取らない辛さですね。YouTubeは挫折しやすいという話を聞いていましたが、なるほど、納得納得。

でも、それは当然のことです。私はゲーム音楽を謳っていますが、市販のゲームに使われていない「自称ゲーム音楽」。他人から見れば「SERORI?どこの馬の骨の方ですか?」です。だから、打っても響かないのはごくごく当たり前のこと。

厳しさを知れば感謝があふれる

しかし最近、少しずつ視聴回数も増え、ありがたいことにコメントをくださる方もいます。もう涙が出るほど嬉しいです。曲が聴かれ良いと思われる確率、その厳しい条件をかいくぐっての温かい反応。嬉しすぎてその人達のファンになってしまいそうです。

厳しさも味わいましたが、それを越えて余りある喜びを経験した4ヵ月でした。聴いてくださる方々には心の底から感謝しています。まだまだ、YouTubeという激ムズRPGを楽しんでいこうと思います。ゲームは難しいから面白い!

関連記事

  1. ライフ

    僕たちは面倒なゲームが好き

    人は簡単すぎるゲームをやりたがらない。人生もRPG。ちょっと難しいくら…

記事検索

記事カテゴリー

PAGE TOP